風、薫る・・・

防湿庫デビュー

このところ、長期にわたって高温多湿が続いていますね。レンズ内にカビが発生するのは湿度60%ぐらいからだとか。。その対策という事で、遅まきながら私も防湿庫なるもののデビューとなりました♪ もしレンズ内にカビが発生したら、そのクリーニングに2万円以上必要となるようなので、それを考えたらお安い出費ですね。しかも電気代は、1年間でおよそ100円(笑)
新品も考えたんですが、箱ひとつが意外に高い! そこで、ヤフオクで物色していたところ、好みのものが運よく出品されていたので、思い切って落札しました。11日から使っていますが、すこぶる快調に40%以内を維持しています。リビングで私が座っている椅子の正面に置いたので、ガラス越しに見える機材たちが、これまたステキなインテリアにも見えてきて楽しいですね。

防湿庫オークション2-ss

翌日の湿度2

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/08/12(日) 20:42:50|
  2. 撮影機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

焦点距離1,200ミリのG9

G9で撮影を始めて5か月が経ちました。100-400のパナレンズとの組み合わせで、楽しい鳥撮りが出来ています、ただ1点だけ、800ミリ相当の焦点距離だけは、どうしても不足を感じる機会があることに、少しだけ不満がありました。そんな時、ある方からの情報提供で、ひとつのアダプターを組み込むことにより、焦点距離を1,200ミリ相当まで伸ばせることがわかりました。ならば試してみようと思いたち、即トライしてみました。
マイクロフォーサーズ規格のマウントに普通の一眼レフ用の望遠レンズを接続、もちろんAF・露出・Exif(イグジフ)情報などすべてが機能します。「KIPON EF-MFT AF IIのアダプターを購入し、SIGMA150-600mm F5-6.3 Cのレンズ(友人からお借りしました)を接続」、これをG9に組み合わせました。本当にAFが効いてくれるのか?、合焦スピードは?、画質はどうなのか?
先日4時間ほどの試写を行いましたが、結果は満足のいくものでした。ただ、どうしてもこの組み合わせだと三脚も必須となり、照準器や三脚座を含めて全体の重さが6,9キロにもなります。なので、普段使いには向かないですね。1,200ミリの焦点距離が必要で、三脚を持って行ける時に限定した使い方になるので、レンズの入手はヤフオクでもう少し下がってからでいいかなぁ。
ハスカワならぬハスカモ(^^; 最後は、およそ110メートル先のハトの飛び出しシーンです。最後の1枚だけクリックで大きくなります。

_DSC0009-s234.jpg

_DSC0004a-s2.jpg

_DSC0004a-s2_201807181753406cf.jpg

P1000468-s2.jpg

合成-ss2

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/07/18(水) 16:26:10|
  2. 撮影機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

freeman

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索