風、薫る・・・

オガサワラヒヨドリ

「東洋のガラパゴス」と呼ばれる小笠原諸島(東京都)では、飛来したヒヨドリやメジロが島や列島ごとにとどまり、別々に進化を遂げ、亜種として留鳥になっています。このオガサワラヒヨドリもそうです。しかし、見た目は本土のどこにでもいるヒヨドリと区別がつきませんね。一番色が濃いということですが。。。
乳房山にある水浴び場は、これが浴びると一気に水が減ってしまいます(笑)



P1134389a3-ss3_f.jpg

P1134436a-ss_f.jpg

P1134362-ss5.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/06(水) 08:41:21|
  2. オガサワラヒヨドリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<オガサワラノスリ | ホーム | アカガシラカラスバト>>

コメント

freemanさんこんにちは
先日覗きましたら小笠原にご旅行とかで
お帰り楽しみにしてました
未だ見ぬ色々な鳥達良いですねえ!!
カツオドリとトビウオの戦いも迫力満点。
メグロは「これかぁ!!!」って、噂通りなかなかの色合いですね。
アカガシラカラスバト・・これも凄いですね。鳥運凄いですね

小笠原も飛行場を作ろうとか・・いろんな意見はあるでしょうが手軽に行けないが為に守られてる自然ありますよね。
なんたって世界遺産ですから・・守っていかないとですね
  1. 2018/06/06(水) 11:32:07 |
  2. URL |
  3. brubru #22s72cIM
  4. [ 編集 ]

brubruさん、しばらくです。トップページのテンプレートを変えられたんですね。なかなかオシャレです♪
手軽に行けないからこそ、固有種を守ることが出来るということですね。船でしか行けないというのが小笠原の価値を高めているのかも知れません。144GBの鳥果は初めてでした(笑)
  1. 2018/06/06(水) 12:14:41 |
  2. URL |
  3. freeman #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeman.blog3.fc2.com/tb.php/1245-3f768aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

freeman

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索