風、薫る・・・

サロベツ原生花園

サロベツ原生花園、ここでしか繁殖しないシマアオジを目当てに6~7月には大勢のカメラマンがやって来ます。残念ながら会えませんでした。100種類以上の花々は、6~9月ごろまで楽しめます。今年は例年よりも寒さが続いていて、訪問した時の気温は11度! 東京の2月の気温でした。ネッ友さんからのアドバイスで防寒対策をして行ったので寒くはありませんでした。午前4時からの探鳥開始、最初に出会ったのはエゾジカ。黄色のエゾカンゾウなども食すのかな。レンズを向けたら逃げてしまい、白いお尻だけしか撮れませんでした。あちこちから野鳥たちの声がたくさん聞こえて来ますが、撮影出来たのは、ノビタキ、ヒバリ、カッコウ、ゴジュウカラ、キジバト、カラス。。。。暖かくなれば、もっと活発に出てくれたことでしょう。とにかく広いです。







P1000031-s234_ff.jpg

P1000032-s2_f.jpg

P1000042a-s2_f.jpg

P1000048a-s2_f.jpg

P1000096a5-s2.jpg

P1000097a-s2.jpg

P1000114abc-s2_f.jpg

P1000121-s2a.jpg

P1000137-s2a.jpg

P1000139b-s234.jpg

P1000174a-s234.jpg

P1000181a-s23_202006272124402db.jpg

P1000194a-s2.jpg

P1000196a-s23.jpg

_DSC0062のコピ2ー2-s23

_DSC0065-s2のコピー2

_DSC0076-s2のコピー23

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/27(土) 21:39:59|
  2. ノビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<オムサロ原生花園~1 | ホーム | 北海道・探鳥旅行>>

コメント

お久しぶりです

freemanさん、お疲れさまでした。

日程(コース)拝見しましたが、夏鳥のおいしいところ全て網羅されていますね。羨ましい限りです。
半世紀前、カニ族(死語ですね)で10日ほど回りましたが、当時は鳥には全く興味がなく、今にして思えばもったいなかったですね。
エゾカンゾウにノビタキ良いですね! 私はこちらでニッコウキスゲのノビタキを計画しています。

シマアオジは残念でしたね。でも、知床峠のギンザンマシコは見られた様ですね。続編にも期待しています。
  1. 2020/06/28(日) 15:16:12 |
  2. URL |
  3. 我江 衣亮 #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

我江 衣亮さん、ありがとうございます。同行者も、学生時代にユースホステル周りをしたと言っていました。
シマアオジは現地の人もあまり見られないと言っていましたが、気温・太陽・虫たちの活動などなど、微妙な関係があるのでしょう。すべては鳥任せですからね。
ギンザンマシコ、距離5メートル!の出会いがありました。雌雄のそろい踏みも撮れました。後日をお楽しみに(@^_^)ゞ
向こうの掲示板、拝見していますよ。精力的に撮影されておられるようで何よりです。
  1. 2020/06/28(日) 16:44:23 |
  2. URL |
  3. freeman #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

懐かしい思いで・・・

こんばんわ

  小生、若い時(50年以上前)仕事でサロベツ原野の河川の調査に春から12月末まで入っていました。懐かしい思いでブログを拝見しました。
地平線、利尻・礼文島、音威子府、ペンケ沼・パンケ沼?、手塩、稚内、加納治五郎出身の温泉?・・・・今、色々な思い出が頭の中をよぎっています。有難うございました。
  1. 2020/07/11(土) 21:11:31 |
  2. URL |
  3. 昭八さん #0O7j6WsY
  4. [ 編集 ]

昭八さん、若い頃の思い出の地でしたか。以前は、一面にエゾカンゾウが咲いていたことでしょう。今は、少なめになってしまったようですね。今回は、青い空の下での訪問が叶わなかったのがちょっと惜しかったです。
  1. 2020/07/11(土) 21:49:59 |
  2. URL |
  3. freeman #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeman.blog3.fc2.com/tb.php/1745-408033a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

freeman

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索