風、薫る・・・

終戦の日に思う

75年前に、悲惨な戦争が終わりを告げた。当時を生き抜いた人々の苦難の状況は、伝え聞くことからしかわからないが、はっきりしていることがある。戦争は始まる時は偶然必然が混じり合って、国のトップが宣戦布告をして始まる。そして、終わらせる時が難しい。

トップの決断が遅れてしまい、幾多の国民の命が犠牲になった事か。ソ連の参戦まで許すことになったのも、それゆえであり、もっと早くに決断していれば、北方領土問題も全く別な歴史を刻んでいたと思う。そもそも戦争を望んだのは国民の総意ではないと思う。

そして現在、昭和22年に主権在民の新しい憲法が発布され、民主主義の国として戦争放棄を宣言しているが、その精神はどうなっているのか。また、8月15日が何の日かを知らない若者も多数存在することも現実である。数多くある祝日に、なぜこの日が入っていないのか、ずっと疑問に感じているが、制定しようとの動きはない。もしかして「敗戦の日」として記憶する人が多くいるからかも。

戦後まもなく祝日化の話はあったが、事実は左右の勢力の主張がぶつかって立ち消えになって現在にいたるということらしい。願わくば、恒久平和についてみんなが一緒に考える日として、祝日化して欲しいなと、この日に強く思う。

ハト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/15(土) 10:37:18|
  2. 時事放談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アオサギの美しい飛翔 | ホーム | 怪鳥アオサギ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeman.blog3.fc2.com/tb.php/1790-b7e29d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

freeman

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索