風、薫る・・・

糸魚川けんか祭り

わが故郷、新潟県の糸魚川けんか祭りです。毎年4月10日に行われ、その歴史は500年も続く伝統行事。午前中のけんか神輿(動)、そして午後奉納される舞楽(能生の白山神社舞楽とともに国の重要無形民俗文化財に指定)(静)と合わせて五穀豊穣を願うお祭りです。これが終わると、本当の春が来たという気分になりますね。(4月22日、動画を追加アップしました)

2基の神輿が境内を走り回り、観客席の中央で双方が神輿をぶつけ、激しく押し合い迫力満点。それを一斉に観客がはやしし立てて盛り上げます。玉串を目いっぱい振り回す人、担ぎ手に水をぶっかける役目の人、塩分補給で口に梅干を入れてあげる人などもいます。

雅楽は、稚児の舞・走り舞の陸王(りょうおう)で、12も行うので半日がかりです。特に陵王について調べました。中国の蘭陵王長恭(らんりょうおうちょうきょう)は、すごい武才とともに大変なイケメンで、味方の兵士までもが見とれて士気が下がるため、恐ろしい形相の仮面を付けて馬上から指揮をとったところ、兵士たちは鼓舞され連戦連勝。それを祝って作られたそうな。陵王の舞は連続で舞うと40分。舞う方も見る方も大変ですね(笑) 今回は、稚児の舞を見ての帰宅。陵王の舞は、また来年のお楽しみです。
 
ここ天津神社は、第12代景行天皇の時代の創建と伝えられ、第37代孝徳天皇の勅願所あったそうです。また、雅楽を舞う舞台の四隅には、中国の四神、東に青龍、西に白虎、北に玄武、南に朱雀が置いてあります。

糸魚川と言えば、二日間にわたって延焼した昨年末の大火事。がれきの撤去は終わっています。でも、復興へのビジョン、いろんな案が検討されているようですが決定されていません。火事から初めて帰省し、焼け跡を見ました。海側に行くほど無残な爪痕が残っている感じでした。私も含めて大勢の方のふるさと納税を活用した寄付もあったりで、一日も早い復興を願いつつ、出来る応援をして行こうと思います。



_DSC9541a_s.jpg

_DSC9540_s.jpg

_DSC9544a_s.jpg

_DSC9546a_s.jpg

_DSC9598a_s22.jpg

_DSC9574a_s2.jpg

_DSC9548a_s22.jpg

7DM20012_s.jpg

7DM20027_s_20170421172403d80.jpg

7DM20034a_s2.jpg

7DM20044a_s2.jpg

7DM20065_s.jpg

_DSC9589a_s2.jpg

_DSC9600_s222.jpg

7DM20099a2_s2_201704211747473cd.jpg

7DM20154_s_20170421175007c1e.jpg

_DSC9631a_s2.jpg

_DSC9636a_s.jpg

_DSC9644a_s.jpg

_DSC9662a_s2.jpg

_DSC9670a_s2.jpg

7DM20473_s_20170421173701a1d.jpg

7DM20705_s.jpg

7DM20727_s_20170421173235d36.jpg

7DM20734_s.jpg

7DM20739_s.jpg

7DM20815_s.jpg

7DM20831_s.jpg

7DM20682_s.jpg

7DM20676_s.jpg

7DM20672_s.jpg

7DM20679_s.jpg

7DM20702_s.jpg


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2017/04/21(金) 17:51:19|
  2. ふるさと糸魚川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<水かきのない水鳥・バン | ホーム | 春の小川>>

コメント

おはようございます。
前にも、拝見したようにも思いますが・・・。
糸魚川の、ご出身だったのですね。
糸魚川には、学生時代の友人がいたのですが、数年前、定年を前にして、他界してしまいました。
とても、残念なことです。
最近では、大火災もありましたが、とても、良いところですよね。
毎年、富山墓参の際、通過が多いですが、今度、ゆっくり、友人の墓参も兼ねて、周ってみたいです。
  1. 2017/04/22(土) 07:47:40 |
  2. URL |
  3. おもいがわ #-
  4. [ 編集 ]

おもいがわさん、そうでしたね。一度ぜひゆっくりとお立ち寄りください。ルートイン糸魚川もありますし、一泊して海の幸を堪能していただくのもありですね。市のホームページもご参考に(@^_^)ゞ
  1. 2017/04/22(土) 10:37:34 |
  2. URL |
  3. freeman #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeman.blog3.fc2.com/tb.php/958-062632ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

freeman

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索